紹介予定派遣について

派遣というシステムは、企業や派遣スタッフにとってメリットがある雇用形態です。それぞれのメリットをまとめました。

派遣先企業と派遣スタッフのメリット

雇用形態の選択肢のひとつとして定着しているのが派遣です。派遣は、直雇用の正社員やアルバイトとは違う、ちょっと特殊な働き方になります。就業する場所である企業とは直雇用を結ばず、派遣会社のスタッフの一人として派遣されて働いていることになります。このシステムは、企業側にもメリットがありますし、派遣スタッフにもメリットがある働き方でもあります。企業としては、新入社員を雇って一から教育するよりも、即戦力の派遣スタッフに会社に来てもらったほうがずっと手間がかからず、人員育成にかけるコストがカットできます。また、派遣なら正社員のように保険や年金などはいりませんし、必要がなくなったら契約更新を断ればいいだけです。

また、派遣スタッフのほうでは自分のしたい仕事の分野でスキルを生かして就業できるというメリットがあります。正社員とは違うのでWワークもできます。派遣契約によってあらかじめ就業時間や職務内容が決められているので、休日出勤などはないですし、残業があれば残業手当がつきます。契約期間があるので決して安定した雇用ではありませんが、1年のうち半年だけしっかり派遣で稼いで、残りの半年は旅行をするという人生もおくれます。

Copyright (C)2017紹介予定派遣について.All rights reserved.